« 人口減少社会への突入 | トップページ | ソニーが育児支援サイトを開設 »

2005/03/15

世界経済・環境の破綻

世界自然保護基金(WWF)は14日、地球温暖化の影響で、ヒマラヤの山岳地帯の氷河が年間10~15メートルの割合で後退しており、数十年後には氷河を水源とする川の流量が低下して、数億人が飲み水不足に陥ると警告した。 ヒマラヤの氷河は、ガンジス川やインダス川、メコン川、長江、黄河などアジアの大河の水源になっている。これらの河川の流量低下は、飲み水不足のほか、工業や穀物の生産へも悪影響を与える。WWFが発表した報告書によると、ネパールでは平均気温が毎年0・06度上昇しており、すでに3河川で流量が減少傾向にある。

WWF気候変動プログラムのジェニファー・モーガン代表は「温暖化対策が進まなければ、世界は、経済でも環境でも大きな破綻(はたん)に直面する」として、ロンドンで15日から開かれるエネルギー・環境閣僚級ラウンドテーブルに出席する各大臣に書簡を送り、対策を求めた。

地球温暖化の影響は今後、数十年あるいはそれ以上の期間続く。南極の棚氷や極地方・高地の氷河の融解による海面の上昇、および水不足はますます深刻になっていく。「世界を変えるお金の使い方」監修の東京大学教授・山本良一氏の講演が頭に浮かぶ。もはやソフトランディングは手遅れかもしれない。エマージェンシー・プランを 用意すべき段階に来ているのではないかと思う。

|

« 人口減少社会への突入 | トップページ | ソニーが育児支援サイトを開設 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/3305686

この記事へのトラックバック一覧です: 世界経済・環境の破綻:

» 世界経済環境を考える [Star Prince JUGEM]
昨今の異常気象を鑑みると現在の世界の経済は景気回復基調かもしれないが中国等の環境破壊は相当で成長と持続のバランスがとれているとはいい難く早急な対策が求められる [続きを読む]

受信: 2005/03/17 02:50

« 人口減少社会への突入 | トップページ | ソニーが育児支援サイトを開設 »