« 100円でアフガニスタンの子ども5人にに教科書を | トップページ | 希望格差社会がニートを助長する »

2005/03/05

マータイさん 国連女性会議で「もったいない」を奨励

環境分野で初のノーベル平和賞を受賞したケニア副環境相、ワンガリ・マータイさん(64)が4日、ニューヨークの国連本部で開かれている「国連婦人の地位向上委員会」で演説した。毎日新聞社の招きで2月に来日した際に日本語の「もったいない」という言葉を知ったと話し、これをキーワードに「女性たちによる世界的『もったいない』キャンペーンを展開し、資源を効率良く利用しましょう」と訴えた。

紫色の民族衣装で登場したマータイさんは、ノーベル平和賞受賞について「私たち女性全員に贈られたものだと考えている」とした後、日本政府がリデュース(ごみの減量)▽リユース(再使用)▽リサイクル(再利用)の3R運動に取り組んでいることを紹介。ローマ字で「MOTTAINAI」と書かれたTシャツを手に、「日本ではこれらを『もったいない』の一言で表します」と説明した。

マータイさんは日本から帰国後に、ケニア・ナイロビに本部を置く国連環境計画(UNEP)のテプファー事務局長と会談し、3Rにリペア(修繕する)を加えた4Rを「もったいない」運動としてはどうかと言われたという。演説でも「4R運動で持続可能な開発を実現し、限りある資源を有効利用し、公平に分配すれば、資源をめぐる紛争は起きない」と訴えた。

マータイさんが「みんなで『もったいない』と言いましょう」と呼びかけると、各地から参加している政府の代表やNGO(非政府組織)の女性たちが「もったいない」と3度、大きな声で合唱した。

演説を聞いたナイジェリア代表団の女性が「男性は物を使って当然と思うが、女性は資源枯渇や環境問題に敏感だ。私の国でも、もったいない文化を女性の間に広めたい」と語るなど、会場の反響は大きく、マータイさんは「世界規模での『モッタイナイ』キャンペーンが始まった」と演説後に話していた。

婦人の地位向上委員会は、約100国から約6000人が参加し、女性の地位向上のための具体策を話し合っている。

|

« 100円でアフガニスタンの子ども5人にに教科書を | トップページ | 希望格差社会がニートを助長する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/3178421

この記事へのトラックバック一覧です: マータイさん 国連女性会議で「もったいない」を奨励:

» もったいないわけ [日曜日生まれ!]
[続きを読む]

受信: 2005/03/08 00:08

» CSR(企業の社会的責任)をウォッチすることにした [ブログエイド (国際協力、海外支援、NGO)]
CSR(Corporate Social Responsibility)=企業の... [続きを読む]

受信: 2005/03/23 17:13

« 100円でアフガニスタンの子ども5人にに教科書を | トップページ | 希望格差社会がニートを助長する »