« アースデイ:「無駄遣いをやめ知恵を使います」など宣言 | トップページ | 世銀・IMFが共同声明、アフリカの貧困削減へ行動 »

2005/04/17

新聞活用教室:「環境・科学」テーマに

第1回「新聞活用実践教室」(毎日新聞社主催)が16日、東京都千代田区の毎日ホールで開かれた。冒頭、毎日新聞科学環境部の瀬川至朗部長が「ノーベル平和賞を受けたケニア副環境相、ワンガリ・マータイさんが呼びかける『MOTTAINAI(もったいない)』をきっかけに、地球環境の大切さを子供たちに教えよう」と講演した。この日のテーマは「環境・科学」で、練馬区立豊玉二小の増田隆一教諭ら3人が、理科などの授業で新聞を利用するNIE(教育に新聞を)の試みを発表。集まった小中学校や高校の教諭ら60人の間で「環境問題を子供に理解させるには、身近なテーマ設定が必要」などと活発な質疑が行われた。

|

« アースデイ:「無駄遣いをやめ知恵を使います」など宣言 | トップページ | 世銀・IMFが共同声明、アフリカの貧困削減へ行動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/3740110

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞活用教室:「環境・科学」テーマに:

« アースデイ:「無駄遣いをやめ知恵を使います」など宣言 | トップページ | 世銀・IMFが共同声明、アフリカの貧困削減へ行動 »