« 不登校は社会の不安定要因 | トップページ | 地震: 生死分ける避難判断 »

2005/05/14

北半球大気汚染に中国「すす」が影響…NASAが分析

中国の工業地域などで発生する「すす」の量が急増し、北半球の大気汚染を悪化させていることが、米航空宇宙局(NASA)ゴダード宇宙研究所の分析で明らかになった。

早急に排出量の低減を図らない限り、世界全体の気候に悪影響を及ぼす恐れがあるという。

すすは、工場や火力発電所のばい煙、家庭でまきを燃やした煙などに含まれる。同研究所は、衛星観測のデータやコンピューターを使った計算で、地球表面に広がるすすの排出源を調べた。その結果、世界全体のすすの3分の2は工業活動が原因で、その半分が、中国を中心とする東アジア地域で発生していることを突き止めた。

最もすすの影響を受けやすい北極地域を例にとると、1980年代初め、すすの排出源として大きかったのは旧ソ連と欧州だったが、その排出量はこの20年で4分の1程度に減った。現在の最大供給源は中国地域で、排出量は70年代後半の約2倍に増えたという。

北極に飛来するすすは、海氷や氷河の減少、地表温度の上昇、海流の異変など地球規模の気候変動を引き起こす可能性がある。

欧米や日本などの先進国がすすの排出量を減らしたのは、工場のばい煙対策などを進めた結果。大気汚染に悩む中国でも、炉を高温で燃焼させる装置の設置などが奨励されているが、導入した工場は一部にとどまり、すすの排出量は増え続けている。中国のすすは日本にも深刻な影響を与えている。

同研究所の計算によると、西日本上空のすす濃度(雨などで地上に流れる分を含む)は、1立方メートルあたり500~1000ナノ・グラム(ナノは10億分の1)で、北米や欧州の最大汚染地域の2倍以上になるという。

◆すす=炭素の微粒子。氷や雪に降り積もると、太陽熱の吸収を高め氷を速く解かす。NASAの計算によると、すすの増加量と北極の氷の減少の割合がほぼ一致するという。また、大気中の濃度が高くなると、呼吸器の障害など人々の健康にも悪影響を及ぼす。

(読売 5/14)

|

« 不登校は社会の不安定要因 | トップページ | 地震: 生死分ける避難判断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/4124355

この記事へのトラックバック一覧です: 北半球大気汚染に中国「すす」が影響…NASAが分析:

» 中国の「すす」で北半球の大気が汚染 [社長の本音日記]
だいぶ前のことですが、日本海側の松林が酸性雨の影響で全滅の危機に瀕しているという話を聞いたことがありました。 まだ中国の経済発展が今ほどではない時でしたが、これで中国が先進国並みになったら日本の植物は全滅になめのではないかと友人と話をしたことを思い出しま... [続きを読む]

受信: 2005/05/14 23:29

» 中国の大気汚染 [招き猫isMoneyKing!]
 中国の大気汚染の影響に関する『北半球大気汚染に中国「すす」が影響』という記事を [続きを読む]

受信: 2005/05/17 08:53

« 不登校は社会の不安定要因 | トップページ | 地震: 生死分ける避難判断 »