« 現役世代の医療費負担は増やすべきではない | トップページ | 男女共同白書:日本の女性研究者、わずか全体の11.6% »

2005/05/26

温室効果ガス:増加の一途 03年度は90年比8.3%増

環境省は26日、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの03年度の国内総排出量は13億3900万トン(CO2換算)だったと発表した。前年度比0.7%増、90年比では8.3%増になった。東京電力のトラブル隠しで原発が長期停止したことや、景気回復に伴うエネルギー消費の増加が影響したという。京都議定書は日本に90年比で6%の排出削減を義務づけており、政府は先月、同議定書目標達成計画を閣議決定したが、達成には一層の取り組みが必要だ。

温室効果ガスの約9割を占めるCO2の03年度排出量は12億5900万トン。排出内訳は、工場など産業部門4億7800万トン(前年度比2.2%増、90年比0.3%増)▽自動車など運輸部門2億6000万トン(同0.7%減、同19.8%増)▽オフィスビルなど業務部門1億9600万トン(同0.7%減、同36.1%増)▽家庭部門1億7000万トン(同2.1%増、同31.4%増)。

同省によると、原発が事前の供給計画通りの設備利用率(84.1%)だった場合、同年のCO2排出量は約6000万トン削減されたという。原発の停止に加え、景気回復に伴う鉱工業生産活動が活発化したことも、産業部門の増加に影響した。

家庭部門は、世帯数の増加や家電の大型化などが排出量を押し上げている。業務部門は、冷夏と暖冬が幸いし、前年度に比べエネルギー消費量が減った。運輸部門では、自家用自動車の燃費向上などがCO2の排出を前年度より引き下げた。

(毎日 5/26)

|

« 現役世代の医療費負担は増やすべきではない | トップページ | 男女共同白書:日本の女性研究者、わずか全体の11.6% »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/4290872

この記事へのトラックバック一覧です: 温室効果ガス:増加の一途 03年度は90年比8.3%増:

« 現役世代の医療費負担は増やすべきではない | トップページ | 男女共同白書:日本の女性研究者、わずか全体の11.6% »