« 英国で大規模な放射能漏れ | トップページ | 人手不足ならパートや派遣採用、中小の55%・信金調査 »

2005/05/16

山形・新庄のシアン流出

「水は農家の命」 工場のずさん対応に怒り /山形

「人の生活用水を何だと思っているのか」--。新庄市泉田の平井精密山形工場で昨年7月、猛毒のシアンを含む液体約400リットルが流出し、地下水脈に流れ出ていた可能性があるにもかかわらず、約10カ月の間、事故を報告していなかったことが発覚。さらに、施設稼働後、約10年間一度も設備点検をしていなかったという。同社のずさんな対応に、周辺住民からは憤りの声が上がっている。【大久保渉】

◇「井戸水、知らずに飲んでいた」

同工場の周辺には田畑や民家が広がり、井戸水を使用する家庭もある。近くに住む農家の女性(48)は「水道は通っているが、井戸水の方がおいしいと思い、ずっと(井戸水を)飲んでいた。猛毒が入っていたかもしれないと思うと恐ろしい」と困惑した様子を見せた。

また、同工場の北西部に位置する鮭川村京塚の上牛潜地区は、同工場付近の地下水が流れ込んでくるとされる地域。多くの農家が、ため池や川、地下水を引いている。三浦悦郎区長(73)は「水は農家の命。こまめに水質調査をするなど、誠実に対応してほしい」と、厳しい表情で話した。

県によると、13日採水の分析結果(速報値)は、農業用ため池と飲食店の井戸など計10カ所はシアンが不検出だった。

同工場の主な業務は、工業製品のメッキ加工。シアンは、メッキ液の中に含まれている。木川恒美工場長によると、昨年7月17日、メッキ液の入った槽と、製品をメッキ加工する処理槽とを結ぶ配管の接合部分が外れ、約1000リットルが漏えい。このうち600リットルはすぐに回収し、400リットルが流出したとみられる。

同工場は今後、メッキ処理施設の周辺に掘った七つの井戸(深さ約3メートル)から地下水をくみ上げて拡散を防ぎ、微生物の働きで猛毒物質を分解する浄化装置の導入を予定しているという。しかし県は「周辺住民への不安を取り除くためには、土の入れ替えをするのが理想的」と指摘している。

(毎日 5/15)

|

« 英国で大規模な放射能漏れ | トップページ | 人手不足ならパートや派遣採用、中小の55%・信金調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/4147647

この記事へのトラックバック一覧です: 山形・新庄のシアン流出:

« 英国で大規模な放射能漏れ | トップページ | 人手不足ならパートや派遣採用、中小の55%・信金調査 »