« 共働き 夫の家事貢献度は? | トップページ | 環境省:家電の有害物質表示を義務付け 環境汚染防止へ »

2005/06/25

世界初、バイオガスで走る鉄道が登場、スウェーデン

スウェーデン・ストックホルム──生ごみなどの有機性廃棄物などを発酵させて得られる可燃性ガスのバイオガスを燃料に走る鉄道車両がスウェーデンで開発された。世界で初めてと主張している。AP通信が20日、伝えた。

今年9月からの運行予定。2つのバイオガスエンジンを搭載し、80キロの路線に就航、定員は54人。スウェーデン中央部のリンチェピング市と東部のベステルビク市を結ぶ。

タンク満杯で約600キロの走行が可能、最大時速は130キロ。

バイオガスは有機性資源をメタン発酵させて生成する。二酸化炭素の排出を抑え、地球の温暖化防止に貢献するとしている。

車両の所有会社「Svensk Biogas」は、世界初の自然ガスを利用した公共列車になると述べ、「地球温暖化防止に大きく貢献する」と強調している。

スウェーデンの環境団体によると、既にバイオガスを利用したバス779台、車両4500台以上が同国内で走っているという。

(CNN 6/25)

|

« 共働き 夫の家事貢献度は? | トップページ | 環境省:家電の有害物質表示を義務付け 環境汚染防止へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/4694940

この記事へのトラックバック一覧です: 世界初、バイオガスで走る鉄道が登場、スウェーデン:

« 共働き 夫の家事貢献度は? | トップページ | 環境省:家電の有害物質表示を義務付け 環境汚染防止へ »