« ワタミ社長、CSR型の株主優待導入を表明 | トップページ | アムネスティが収容者支援訴え »

2005/06/27

リコー、印で風力発電などに出資・温暖化ガス排出権狙う

リコーはインドで風力発電所とポンプ事業に出資する。温暖化ガスの排出権獲得が狙いで、電力需要が拡大しているインドでの風力発電事業に参画しながら、他地域も含め年間約14万トンの排出権を得る計画。

グジャラート州などで現地企業が運営する風力発電所に出資、火力発電からの代替を進め二酸化炭素(CO2)排出量を減らす。ポンプ事業は水田用の足踏み式ポンプを約2万台導入、ディーゼル式から替える。

(日経 6/26)

|

« ワタミ社長、CSR型の株主優待導入を表明 | トップページ | アムネスティが収容者支援訴え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/4723367

この記事へのトラックバック一覧です: リコー、印で風力発電などに出資・温暖化ガス排出権狙う:

« ワタミ社長、CSR型の株主優待導入を表明 | トップページ | アムネスティが収容者支援訴え »