« 労働生産性の低下は920億ドル相当、喫煙被害でCDC | トップページ | 米有力企業、温暖化ガス排出削減で相次ぎ数値目標 »

2005/07/05

米北東部9州、共同でCO2排出権取引市場を開設へ

ニューヨーク、マサチューセッツなど米北東部9州が共同で、二酸化炭素(CO2)の排出権取引市場を開設する。運営ルールを年内に策定し、2007年の取引開始を目指す。今年1月に欧州連合(EU)が開いた排出権取引市場と連携、米欧間での取引を可能にすることも検討する。

取引の名称は「地域温暖化ガス削減計画」。ニューヨーク州のパタキ知事がほかの8州の政府に取引市場の共同運営を呼びかけた。市場原理の導入で温暖化ガス削減を加速し、環境対策に役立てる。

(日経 7/5)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 労働生産性の低下は920億ドル相当、喫煙被害でCDC | トップページ | 米有力企業、温暖化ガス排出削減で相次ぎ数値目標 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/4837605

この記事へのトラックバック一覧です: 米北東部9州、共同でCO2排出権取引市場を開設へ:

« 労働生産性の低下は920億ドル相当、喫煙被害でCDC | トップページ | 米有力企業、温暖化ガス排出削減で相次ぎ数値目標 »