« 「持続可能な社会に資する銀行研究会」報告書 目次 | トップページ | 家電「R」マークは有害物質使用、来夏から表示義務 »

2005/07/31

CO2削減へ「エコレールマーク」 国交省、普及めざす

輸送手段として、トラックより二酸化炭素(CO2)排出量の少ない鉄道を比較的多く使う商品・企業につける「エコレールマーク」の普及に、国土交通省が取り組んでいる。地球温暖化防止に熱心な商品・企業を奨励するのが狙いで、今年度の導入以降、2商品、13企業が表示を認められている。

マーク表示が認められるのは、500キロ以上の陸上輸送に鉄道を(1)30%以上用いる商品(2)15%以上用いる企業。

国交省によると、鉄道のCO2排出量は自家用トラックの45分の1、営業用トラックの8分の1。京都議定書で定めた目標の達成に向け、国内排出量の2割を占める運輸部門の削減が重要だとして、同省は長距離輸送をトラックから鉄道などに変えるよう企業に呼びかけている。熱心な企業にはマークをつけてもらい、消費者の関心も引き込んで、CO2削減に取り組む考えだ。

「六甲のおいしい水(2リットル)」が第1号商品に認定されたハウス食品は、秋以降包装に表示する方針。同社は「商品の売り上げ増より、企業や商品のイメージアップを期待している」という。

(朝日 7/31)

|

« 「持続可能な社会に資する銀行研究会」報告書 目次 | トップページ | 家電「R」マークは有害物質使用、来夏から表示義務 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/5246659

この記事へのトラックバック一覧です: CO2削減へ「エコレールマーク」 国交省、普及めざす:

» 国交省が「エコレールマーク」でCO2削減めざす [あきふみのりのブログ]
CO2削減へ「エコレールマーク」 国交省、普及めざす (朝日新聞) - goo ニュース 国土交通省は企業が輸送手段として「トラック」より二酸化炭素(CO2)排出量の少ない「鉄道」の使用を促進する目的で、「鉄道」を積極的に使用している企業・製品に対して「エコレールマーク」を認定しているそうです{/car_pink/}{/arrow_r/}{/cars_train/} 「エコレールマーク」の認定の基準は次の通りです。 (1)商品�... [続きを読む]

受信: 2005/08/01 20:43

« 「持続可能な社会に資する銀行研究会」報告書 目次 | トップページ | 家電「R」マークは有害物質使用、来夏から表示義務 »