« 生きて死ぬ智慧 | トップページ | サウジ王子、ルーブルのイスラム美術館に23億円寄付 »

2005/07/27

次世代クリーン燃料で動くバス、初の営業運転

豊田通商と昭和シェル石油などは27日、天然ガスからつくる新しい合成液体燃料「GTL(ガス・ツー・リキッド)」を、愛知万博(愛・地球博)会場と近くの駅を結ぶJR東海バスのシャトルバスに供給し始めた、と発表した。

GTLを使ったバスの営業運転は日本初という。万博が終了する9月25日まで運行する。

バスはディーゼルエンジンと電気モーターを併用するハイブリッド車1台で、万博八草駅と長久手会場間やJR東海バスの営業路線を走る。

GTLは天然ガスを液化して合成した燃料で、排ガスを削減できるため、次世代のクリーン燃料として期待されている。

(共同 7/27)

|

« 生きて死ぬ智慧 | トップページ | サウジ王子、ルーブルのイスラム美術館に23億円寄付 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/5177383

この記事へのトラックバック一覧です: 次世代クリーン燃料で動くバス、初の営業運転:

« 生きて死ぬ智慧 | トップページ | サウジ王子、ルーブルのイスラム美術館に23億円寄付 »