« 団塊世代退職 企業剰余 10年で88兆 労働経済白書 労務コストが低下 | トップページ | ニート就業支援、NPOや企業連携のモデル事業・厚労省 »

2005/07/22

6月、世界の平均気温は最高…インドでは犠牲者も

気象庁は22日、世界の6月の平均気温が、統計が整備された1880年以降で最も高くなった、と発表した。

世界約1100の観測点(陸上)のデータを気象庁が独自に解析し、速報した。

同庁によると、6月は平年値に比べ0・64度高く、1998年6月に記録したプラス0・62度を上回り、最高となった。

特に、日本からインド東部、ヨーロッパ西部からモロッコなどで、平年よりかなり高くなり、インド東部などでは熱波による犠牲者も出たという。

(読売 7/22)

アリゾナで熱波 ホームレスなど18人死亡

アリゾナ州フェニックス――米南西部アリゾナ州が熱波に襲われており、フェニックス市内では20日までに少なくとも18人が熱中症などで死亡した。18人のうち14人がホームレスという。

アリゾナでは6月29日以来、連日の気温が例年の平均を超え、20日の最高気温は摂氏43度、最低気温も32度以下にならなかった。

このため16日から20日にかけてホームレス14人と高齢の女性3人が死亡。また男性1人については、道端で死亡していたが、定住場所があったかは不明だという。

こうした状況でフェニックス市当局は、通常は夜間しか開放しないホームレス用シェルターを日中も開放し、強烈な日差しからの避難できるようにした。シェルターには給水所も設けられたほか、水浴び用のホースなども用意された。

市内の食料品店が寄付したペットボトルやコップなど数千個を警察が配って回っている。また市当局は繁華街などに数カ所、日陰用のテントを設置した。

シェルターに避難したクリス・クルーズさん(48)はAP通信に対し、「自分がカリカリに焼けこげていないことの方が不思議だ」と暑さがいかに強烈かを語った。

フェニックス警察のフォース巡査部長はAP通信に対し、「ほとんどの人は、冷房の効いた場所から冷房の効いた場所に移動するだけだから、ホームレスにとってどれだけ暑いかなかなか想像できない」と話し、対策の重要性を強調した。

州消防当局によると、アリゾナ州で昨年1年間に熱さ関連で死亡したのは34人だという。

(CNN 7/22)

|

« 団塊世代退職 企業剰余 10年で88兆 労働経済白書 労務コストが低下 | トップページ | ニート就業支援、NPOや企業連携のモデル事業・厚労省 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/5096733

この記事へのトラックバック一覧です: 6月、世界の平均気温は最高…インドでは犠牲者も:

« 団塊世代退職 企業剰余 10年で88兆 労働経済白書 労務コストが低下 | トップページ | ニート就業支援、NPOや企業連携のモデル事業・厚労省 »