« 低税率でも省エネ行動促す 環境税導入についての消費者アンケート結果 | トップページ | 環境報告書のガイドラインを発表 企業の環境行動改善を目指して »

2005/08/04

環境は雇用を創出する 連邦環境省が3大新聞に特集雑誌を折り込み

ドイツでは、今でも、環境保護は、経済活動の障害物と扱われることがある。連邦環境省は、そのような先入観を払拭することを目的に、7月第1週の週末に発行されるドイツ国内3大新聞(Sueddeutsche Zeitung紙、Frankfurter Allgemeine紙、Tagesspiegel紙)に、「環境は雇用を創出する」と題した雑誌を折り込むことを発表した。
 
会見したトリッティン環境大臣は、「自然資源の保全なしには、我々の雇用に将来はない。将来性のある雇用を生み出すためには、経済活動は環境保護を必要とする」と語っている。
 
この雑誌は、廃棄物処理業者の職員やエコロジーマーケットの店員、エネルギーコンサルタントといった具体的な事例に基づき、雇用のためにエコロジー改革が如何に必要か、まとめたもの。
 
特に、省エネやエネルギー効率化の分野で雇用のニーズが高く、建設関係者やエンジニアなどの求人が活発だという。現在、全ての雇用者の3.8%に当たる約150万人が環境分野に従事している。

【ドイツ連邦環境省】

|

« 低税率でも省エネ行動促す 環境税導入についての消費者アンケート結果 | トップページ | 環境報告書のガイドラインを発表 企業の環境行動改善を目指して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/5312206

この記事へのトラックバック一覧です: 環境は雇用を創出する 連邦環境省が3大新聞に特集雑誌を折り込み :

« 低税率でも省エネ行動促す 環境税導入についての消費者アンケート結果 | トップページ | 環境報告書のガイドラインを発表 企業の環境行動改善を目指して »