« 宮城沖地震:女川原発で、設計想定以上の大揺れ記録  | トップページ | 児童虐待:心理司増員へ配置基準 福祉司と連携強化--厚労省検討 »

2005/08/17

排水汚濁:三菱重工と元作業員を書類送検 横浜海保

三菱重工業横浜製作所本牧工場(横浜市中区)が昨年6月、法定基準を超える排水を横浜港に排出した問題で、横浜海上保安部は17日、法人としての同社と、作業担当だった関連会社の元男性社員(66)を水質汚濁防止法違反(排出基準違反)容疑で横浜地検に書類送検した。

調べでは、同社は昨年6月8日午前9時半ごろ、同区錦町の工場から基準を超える鉄分や亜鉛などを含んだボイラー洗浄排水約4トンを同港に流した疑い。排水は溶解性鉄含有量が基準の220倍、亜鉛含有量が2.8倍だった。前日午後3時半ごろ、ボイラーを洗浄した酸性排水の処理作業を開始。30トンの処理槽に排水10トンを入れ、水で薄めたが、担当者が注水を止めるのを忘れ、処理槽から海に流れ出たという。

(毎日 8/17)

|

« 宮城沖地震:女川原発で、設計想定以上の大揺れ記録  | トップページ | 児童虐待:心理司増員へ配置基準 福祉司と連携強化--厚労省検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/5515903

この記事へのトラックバック一覧です: 排水汚濁:三菱重工と元作業員を書類送検 横浜海保:

« 宮城沖地震:女川原発で、設計想定以上の大揺れ記録  | トップページ | 児童虐待:心理司増員へ配置基準 福祉司と連携強化--厚労省検討 »