« アジアの発展途上国、「極貧層」が大幅減 | トップページ | ミシシッピ州などで死者多数、堤防も決壊、ハリケーン禍 »

2005/08/30

温暖化進むと…日本は集中豪雨、中国・米国は渇水も

地球温暖化が進むと、豪雨は全体的に激しくなる一方、年間降水量の変化は地域差があり、北米や中国などで渇水と水害の危険性が同時に高まる地域もあることが29日、国立環境研究所の江守正多室長の研究で分かった。

日本は年間降水量が10%、豪雨の強度は20%も増加すると予測され、集中豪雨による水害の危険性が高まる。

江守室長は、日米英の3か国で行われたコンピューターによる気候モデル計算6種類の結果を分析。二酸化炭素の濃度が現在の2倍になり、地球温暖化が進んだ場合、「大気中の水蒸気が増える」「低気圧の頻度や大きさが変わる」の二つの効果で、雨の降り方がどう変化するかを解析した。

降水量は日本を含む中・高緯度地域と熱帯の一部で増え、亜熱帯で減る一方、大気中の水蒸気が増えることで豪雨は広い地域で激しさを増すことが分かった。降水量に比べて豪雨強度の変化が特に大きい北米の中、南部や中国南部、地中海周辺などは、一時期に雨が集中するため、水害とともに渇水の危険も高まる。

江守室長は「地球温暖化が、水害や水資源にどのような影響を与えるか、さらに詳しく解析していきたい」と話している。

(読売 8/30)

|

« アジアの発展途上国、「極貧層」が大幅減 | トップページ | ミシシッピ州などで死者多数、堤防も決壊、ハリケーン禍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/5710032

この記事へのトラックバック一覧です: 温暖化進むと…日本は集中豪雨、中国・米国は渇水も:

« アジアの発展途上国、「極貧層」が大幅減 | トップページ | ミシシッピ州などで死者多数、堤防も決壊、ハリケーン禍 »