« 経産省前企画室長を告発 裏金問題で市民オンブズマン | トップページ | 世界を「変えない」お金の使い方 »

2005/08/11

環境汚染物質の濃度、レーザーでスピード測定

ダイオキシン類など環境汚染物質の濃度を特殊なレーザーを使って素早く測定する画期的な分析技術を、大阪市立大理学研究科の中島信昭教授、財団法人レーザー技術総合研究所(大阪市)の島田義則・副主任研究員らが開発した。

ダイオキシン類の場合、日本工業規格(JIS)による測定法では前処理などを厳密に行う必要があり、結果が出るのに7~30日もかかっており、免疫抗体などを用いた簡易測定法でも1日から数日かかるが、この方法だと1時間程度で済むという。

測定は、土壌や水、ごみ焼却炉の排ガスなどに簡単な前処理を行い、ダイオキシン類やPCB(ポリ塩化ビフェニール)、ベンゼンなどの有機化合物を濃縮・抽出した後、まずエネルギーの小さなレーザーを当ててガス状にする。

次に、大きなエネルギーを出す近赤外線レーザーを使い、約10兆分の1秒という“超瞬間的”な照射を繰り返し、分子を壊さずに電気を帯びた状態にする。それらの分子が装置内を移動する時間を計測することで、質量を割り出す。化学処理でより分けていく従来の分析法と異なり、不純物が混じったままでも検出できるため、スピーディーな測定ができる。

ダイオキシン類の場合、1グラムあたり、1ピコ・グラム(ピコは1兆分の1)レベルの検出も可能で、土壌などの汚染レベルの把握に十分な精度。現場へ運搬できる装置も作れるという。中島教授は「2年以内に実用化できる水準になるだろう。レーザーの価格が下がれば、普及するのではないか」と話している。

(読売 8/11)

|

« 経産省前企画室長を告発 裏金問題で市民オンブズマン | トップページ | 世界を「変えない」お金の使い方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/5416975

この記事へのトラックバック一覧です: 環境汚染物質の濃度、レーザーでスピード測定:

« 経産省前企画室長を告発 裏金問題で市民オンブズマン | トップページ | 世界を「変えない」お金の使い方 »