« 日本・千島海溝震源の地震防災対策特措法を来月施行 | トップページ | 熱中症:救急搬送の患者、過去20年間で2倍に--環境省・検討会が大都市部調査 »

2005/08/07

公共交通利用の買い物客割引…CO2削減で国が優遇策

国土交通省と経済産業省は、マイカー利用を減らして二酸化炭素(CO2)の排出量を抑制するため、小売店に電車やバスで来店する買い物客が割引サービスなどを受けられる優遇策を創設する方針を固めた。

また、マイカー通勤を自粛し、最寄り駅から会社まで通勤バスを走らせたり、低公害車を共同で利用する「カーシェアリング」を導入する企業にも補助金を支給する。両省は、約10億円の事業費を2006年度予算の概算要求に盛り込む。

国交省は、2003~05年度に神戸市内のスーパーや商店街で実証実験を実施した。買い物客が最寄り駅の改札やバスの案内所などで、公共交通機関を利用したことを示すスタンプを専用のチラシに押し、それを提示した客には5000円の買い物で500円の割引券がもらえるなどのサービスを試行。その経費の3分の1を国が補助した。

(読売 8/7)

|

« 日本・千島海溝震源の地震防災対策特措法を来月施行 | トップページ | 熱中症:救急搬送の患者、過去20年間で2倍に--環境省・検討会が大都市部調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/5355943

この記事へのトラックバック一覧です: 公共交通利用の買い物客割引…CO2削減で国が優遇策:

« 日本・千島海溝震源の地震防災対策特措法を来月施行 | トップページ | 熱中症:救急搬送の患者、過去20年間で2倍に--環境省・検討会が大都市部調査 »