« 北極海の氷、観測史上最小に・温暖化で悪循環か | トップページ | 子孫の繁栄は最大の幸福 »

2005/09/29

CO2濃度上昇続けば…海洋生物の殻溶ける・海洋機構など予測

大気中の二酸化炭素(CO2)濃度の上昇が今後も続くと、海洋の酸性化が進み、2050年ごろには南極海や北太平洋でプランクトンやサンゴの骨格が溶け出し、種の存続が難しくなる――。こんな研究予測を、海洋研究開発機構などがまとめた。プランクトンは海洋生物の餌となっており、生態系に大きな影響が出る可能性がある。

欧米など8カ国との共同研究で、成果は29日付の英科学誌「ネイチャー」に掲載される。

今後新たな地球温暖化対策を実施せず、大気中のCO2濃度が年1%ずつ増えると仮定して調べた。海中もCO2濃度が増加して酸化が進んでいき、2050年にはイオン成分が大きく変化。それに対応して、プランクトンやサンゴなど炭酸カルシウムを主成分とする海洋生物の骨格が溶解することが分かった。特に南極海や北太平洋など冷たい高緯度の海ではその影響が大きくなるという。

(日経 9/29)

|

« 北極海の氷、観測史上最小に・温暖化で悪循環か | トップページ | 子孫の繁栄は最大の幸福 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/6176420

この記事へのトラックバック一覧です: CO2濃度上昇続けば…海洋生物の殻溶ける・海洋機構など予測:

« 北極海の氷、観測史上最小に・温暖化で悪循環か | トップページ | 子孫の繁栄は最大の幸福 »