« トヨタなど出資の基金、温暖化ガス排出権を共同取得 | トップページ | CO2濃度上昇続けば…海洋生物の殻溶ける・海洋機構など予測 »

2005/09/29

北極海の氷、観測史上最小に・温暖化で悪循環か

夏場に北極海を覆う氷の面積がこの9月、人工衛星による観測が始まった1978年以来最小を記録したことが、28日分かった。米雪氷データセンターや米航空宇宙局(NASA)などの共同グループが発表した。

氷が減って海が太陽熱を多く吸収することで、氷の縮小に一層拍車をかける悪循環に突入した恐れが大きいという。グループは「この勢いで氷の縮小が進めば、夏場の氷の消失は21世紀末よりかなり早い時期に起こる」と警告し、地球温暖化も一因との見方を強めている。

北極海の氷は9月に最小となり、冬に拡大するサイクルを繰り返す。最小を記録したのは今月21日で、氷の面積は532万平方キロ。これは78―2000年の夏場の平均より約20%(約130万平方キロ)小さく、日本列島ほぼ3個分が消失した計算だ。

これまでの最小記録は02年で、同年以降、春に氷が解け始める日が早まり、昨冬は冬場の氷の回復も史上最低となるなど縮小が加速している。

(日経 9/29)

|

« トヨタなど出資の基金、温暖化ガス排出権を共同取得 | トップページ | CO2濃度上昇続けば…海洋生物の殻溶ける・海洋機構など予測 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/6176390

この記事へのトラックバック一覧です: 北極海の氷、観測史上最小に・温暖化で悪循環か:

« トヨタなど出資の基金、温暖化ガス排出権を共同取得 | トップページ | CO2濃度上昇続けば…海洋生物の殻溶ける・海洋機構など予測 »