« 貧困対策よりも兵器を買うという現実 | トップページ | A SEED JAPAN 3億円のエコ貯金アクション! »

2005/09/02

大型ハリケーンは温暖化の影響? 関連性で議論再燃

(AP) 近年多発している大型ハリケーンは、地球温暖化の影響か――。米南部に壊滅的な被害をもたらしたハリケーン「カトリーナ」の襲来を機に、気候変動とハリケーンの規模との関連性をめぐる議論が再燃している。米国では先月、過去30年間の海面温度の変化とハリケーンの発生状況を分析した研究結果が発表され、注目を集めた。

マサチューセッツ工科大の気象学者、ケリー・エマニュエル氏が英科学誌ネイチャーに報告した研究によると、地球上の海の表面温度は70年代に比べ、平均約0.6℃上昇した。一方、ハリケーンの持続期間と強さは同じ期間に1.5倍と、大幅に増大したという。エマニュエル氏は「海水の温度が少し上昇しただけで、ハリケーンの威力は非常に強まる」と結論付けた。海水温が上昇すると、ハリケーンは水蒸気からより多くのエネルギーを得て、威力を増すことが知られている。

これに対し、コロラド大で災害や気候変動の社会的影響を研究するロジャー・ピエルキ・ジュニア氏は「温暖化による影響は限られている」との立場。今世紀中に温暖化がハリケーンに与える影響は、5%以内の風速増大にとどまると主張している。同氏の説は今年中に、米気象学会紀要に発表される見通しだ。

現在、専門家らの間で有力なのは、大西洋深海の塩分濃度や水温が40-60年周期で変化しているとの説だ。それによると、約10年前からみられるハリケーンの活発化は温暖化とは関係がなく、今後20年前後続くことが予想される。

米チャールストン大の物理学者、テリー・リチャードソン氏は「ハリケーンと温暖化の関係は立証されたとは言えないが、排除されてもいない」と語り、議論の決着までにはさらに研究が必要との見方を示している。

(CNN 9/2)

|

« 貧困対策よりも兵器を買うという現実 | トップページ | A SEED JAPAN 3億円のエコ貯金アクション! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/5754441

この記事へのトラックバック一覧です: 大型ハリケーンは温暖化の影響? 関連性で議論再燃:

» Appleが、ミシシッピのハリケーンに寄付を募る [■■ -- MACIST マッキスト -- ■■]
米アップルのサイトから、アメリカで起こったハリケーンの被害者に寄付できるようにな [続きを読む]

受信: 2005/09/02 23:04

« 貧困対策よりも兵器を買うという現実 | トップページ | A SEED JAPAN 3億円のエコ貯金アクション! »