« 65歳以上、初めて2割に・総務省推計 | トップページ | 異常気象ミステリー 水の惑星 »

2005/09/19

自動車メーカー 有害物質削減目標、前倒し達成目指す

自動車メーカーが、部品に有害物質の鉛、カドミウム、六価クロムを使わない車づくりを加速させている。業界団体で削減目標を定めているが、各社が前倒し達成をめざし始めた。

有害物質3種類は電子部品やねじのさび防止などに使われ、いずれも人体に入れば健康に被害が出る可能性がある。具体的な被害報告はないが、不法投棄されると地下水汚染などの心配がある。

日本自動車工業会は02年に削減目標を設定。国内で生産を始める新型車について、鉛の使用量を06年以降は96年比で10分の1に減らすほか、カドミウムは07年以降、六価クロムは08年以降の使用をそれぞれ禁じた。

ホンダは新型車だけでなく現行モデルでも全目標を年内に達成予定。生産コストは上がるが、「環境対応は積極的にやらないと消費者には評価されない」と説明する。

トヨタ自動車も06年投入の新型車はほぼすべて目標を達成する方針。三菱自動車は、鉛については10月発売の新型車から、残り2物質は1年前倒しで、達成の計画だ。

ただ、海外工場では現地調達部品を増やしていることもあり、取り組みが遅れている。有害物質規制が進む欧州を除き、目標時期を定めた削減計画は示していない。

(朝日 9/18)

|

« 65歳以上、初めて2割に・総務省推計 | トップページ | 異常気象ミステリー 水の惑星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/6007609

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車メーカー 有害物質削減目標、前倒し達成目指す:

« 65歳以上、初めて2割に・総務省推計 | トップページ | 異常気象ミステリー 水の惑星 »