« 大丈夫か、原発 想定の甘さ露呈 | トップページ | 国家公務員の育休取得、男性で初の100人超 04年度 »

2005/09/03

有毒アオコに天敵ウイルス 水産総研が発見と発表

水産庁の外郭団体、水産総合研究センターは2日、世界の湖沼で大量発生して、魚介類や人に悪影響を与えている植物プランクトン「アオコ」を死滅させるウイルスを発見し、培養にも成功したと発表した。湖沼を水源とする飲料水の浄化などへの利用が期待できるという。

大発生すると水面を濃緑色に変えるアオコは、フグ毒に匹敵する強い毒を生み出す。各地で水質の富栄養化により大量発生し、養殖中の魚介類を死滅させるだけでなく、ブラジルや中国ではアオコの毒が混じった水を飲んで数十人が死亡する事故が起き、大きな社会問題となった。国内でも琵琶湖や霞ケ浦などで大量に発生している。

(朝日 9/3)

|

« 大丈夫か、原発 想定の甘さ露呈 | トップページ | 国家公務員の育休取得、男性で初の100人超 04年度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/5762466

この記事へのトラックバック一覧です: 有毒アオコに天敵ウイルス 水産総研が発見と発表:

« 大丈夫か、原発 想定の甘さ露呈 | トップページ | 国家公務員の育休取得、男性で初の100人超 04年度 »