« パキスタン地震などの地殻変動、M8級の頻発期に | トップページ | 下流社会 新たな階層集団の出現 »

2005/10/16

豊かな自然をゴルフ場にする愚 全国で見直しを

◆閉鎖ゴルフ場:自然林に復元、環境教育に 北海道・富良野

地球の歴史46億年を460メートルの距離で表現した「地球の道」を歩く倉本さん(中央)=富良野市で15日午後2時20分、鈴木勝一写す 北海道富良野市在住の脚本家、倉本聰さん(70)が中心となり、閉鎖されたゴルフ場を自然林に復元し、青少年の環境教育に活用する「富良野自然塾」が同市郊外に来春オープンする。バブル崩壊後、経営破たんして閉鎖されたゴルフ場が全国的に目立っているが、跡地を環境教育施設へと転換するのは例がない。塾長の倉本さんが15日、富良野プリンスホテル横のゴルフコース跡地で整備中の自然塾を公開した。

このゴルフコースは、西武鉄道グループ所有のゴルフ場の一部。経営再建中の同グループがリゾート施設を整理する一環として、今年3月に閉鎖された。同グループが倉本さんに閉鎖後の活用について相談し、倉本さんが自然塾の開設を提案した。三井住友銀行の協賛を得て、倉本さんが主宰する俳優・脚本家養成塾「富良野塾」の塾生やOBたちが運営に当たる。

自然塾はゴルフコースのうち6ホール、約35ヘクタールに10年間で15万本のエゾマツ、ミズナラなどの苗木を植える計画。今春以降、すでに約500本を植樹した。

敷地内には環境教育用のオブジェや地球誕生から現在までの46億年を460メートルの距離で表現した散策路「地球の道」がつくられている。倉本さんは「きれいな水と酸素がなくては人間は生きていけない。その両方を育てているのが森です」と森づくりの大切さを強調している。【鈴木勝一】

(毎日 10/17)

|

« パキスタン地震などの地殻変動、M8級の頻発期に | トップページ | 下流社会 新たな階層集団の出現 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/6428521

この記事へのトラックバック一覧です: 豊かな自然をゴルフ場にする愚 全国で見直しを:

« パキスタン地震などの地殻変動、M8級の頻発期に | トップページ | 下流社会 新たな階層集団の出現 »