« 妊婦はクロマグロにも注意必要 | トップページ | やっぱり公務員天国 ニッポン »

2005/11/03

迫る水をめぐる戦争

このまま行けば「水を奪い合うための戦争」が起こることは不可避だろう。水のために人が人を殺すということが現実のものとなりつつある。まさに危機は目の前に迫っている。

◆水量激減!アフリカ大陸の湖に黄信号…国連環境計画

国連環境計画(UNEP)はこのほど、アフリカ大陸の湖が砂漠化で深刻な危機にさらされているとの報告を発表した。

UNEPが1980年代、90年代と近年の衛星写真を比較したところ、<1>アフリカ最大の淡水湖ビクトリア湖の水面が、90年代初めと比べ約1メートル低い<2>中央アフリカのチャド湖が過去数十年で10分の1に縮小した――などが鮮明になった。

主なものだけで677あるとされるアフリカ大陸の湖の多くで、水量激減や湖の縮小が見られ、ニジェールでは過去20年で淡水の湿地の80%以上が消滅した。

報告は水源枯渇が続けば、「この地域が不安定化する恐れがある」とし、水を巡って深刻な国家間の対立や衝突が起こる可能性を指摘している。

(読売 11/3)

|

« 妊婦はクロマグロにも注意必要 | トップページ | やっぱり公務員天国 ニッポン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/6879588

この記事へのトラックバック一覧です: 迫る水をめぐる戦争:

« 妊婦はクロマグロにも注意必要 | トップページ | やっぱり公務員天国 ニッポン »