« 危険建築物の顕在化が第一歩 | トップページ | 児童の安全確保は社会の責務 »

2005/12/06

中国の環境対策に積極協力を!

環境汚染はボーダーレスである。中国の産業界全体の環境対策を後押しすることが日本の環境を守ることにもなる。社会インフラの整備のみならず、産業全体のグリーン化を積極的に後押しすることが政府にも企業にも求められる。

◆シャープ、中国工場を環境配慮型に・06年度めど
 
シャープは中国の全六工場で環境配慮の自主基準を満たす「グリーン工場」化を2006年度末までに達成させる。欧州をはじめ国際的に強まる化学物質使用などへの規制に対応するには中国の工場も日本並みの環境管理体制を整える必要があると判断。当初方針を1年前倒しする。

同社は工場の温暖化ガス排出抑制や化学物質削減、廃棄物管理など21項目の対策を評価し、自主基準で70点以上を満たせば「グリーン工場」と認定している。国内はすでに全工場が基準を満たしており、電子部品などの出荷増が見込める中国でも自主対策を進める。

(日経 12/6)

|

« 危険建築物の顕在化が第一歩 | トップページ | 児童の安全確保は社会の責務 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/7494575

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の環境対策に積極協力を!:

« 危険建築物の顕在化が第一歩 | トップページ | 児童の安全確保は社会の責務 »