« 欠陥住宅全国ネット | トップページ | 温暖化でデング熱運ぶ蚊、北上中 »

2005/12/09

ベクトルそろわねば破滅へ進むのみ

問題は地球環境に及ぼす影響がより大きい国が前向きに取り組まないことである。短期の利益を優先すれば、長期では必ずより大きなマイナスの影響を受けることになる。待っているのは緩やかな破滅である。

◆すべての国の参加、環境相呼びかけ…COP・MOP1
 
当地で開かれている京都議定書第1回締約国会議(COP・MOP1)の閣僚級会合で、小池環境相は8日、今後の温暖化対策について「すべての国が参加する実効ある枠組みを作るための議論を始めなければならない」と呼びかけた。

その上で、京都議定書を締結している先進国の温室効果ガス排出量が世界全体の30%に過ぎないことを踏まえ、「長期的な視野で効果ある対策も検討していくべきだ」と訴えた。

(読売 12/9)

|

« 欠陥住宅全国ネット | トップページ | 温暖化でデング熱運ぶ蚊、北上中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/7542804

この記事へのトラックバック一覧です: ベクトルそろわねば破滅へ進むのみ:

» 国際温暖化交渉で米が妥協姿勢(京都議定書締約国会合) [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「国際温暖化交渉で米が妥協姿勢(京都議定書締約国会合)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読... [続きを読む]

受信: 2005/12/10 18:38

» コップは踊り水漏れっぱなし [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
映画「会議は踊る」のモデル「ウィーン会議」だが、それでも1814年9月から翌年6月までの10ヶ月に過ぎない。京都議定書第1回締約国会合(COP11、MOP1)のチンタラぶりを見たらメッテルニヒもタレーランもずっこけるだろうなあ。... [続きを読む]

受信: 2005/12/11 10:28

« 欠陥住宅全国ネット | トップページ | 温暖化でデング熱運ぶ蚊、北上中 »