« 原発 安全対策不十分 | トップページ | イラク支援 日本流国際貢献 »

2006/01/07

中国 地下水90%が汚染

◆水不足 「経済損失2000億元」

中国では、河川の水質汚染が相次いで問題となっているが、水不足も深刻で、産業に影響を与えていることがわかった。四川省成都市で開かれたシンポジウムで明らかにされた。

シンポジウムでは、水不足により毎年、工業用水が60億立方メートル不足しており、工業生産額の損失が2000億元に達していることも発表された。

地下水については、中国にある大規模な都市600ヶ所のうち、約400ヶ所で不足の状態だという。さらに汚染も進行。国家環境保護総局の張力軍・副局長は、都市部の地下水のうち約90%が工業排水などにより汚染されていることを明らかにした。

中国メディアは、広東省を流れる珠江でも汚染が深刻な様子を伝えている。2004年に排出された汚水は139億トンにもなるという。川には黒い油膜状の汚染物質も見受けられ、「第2の黄河」になるとの危惧さえ聞こえてくる。

(中国情報局 1/7)

|

« 原発 安全対策不十分 | トップページ | イラク支援 日本流国際貢献 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/8043715

この記事へのトラックバック一覧です: 中国 地下水90%が汚染:

« 原発 安全対策不十分 | トップページ | イラク支援 日本流国際貢献 »