« 地方交付税交付金を縮減せよ | トップページ | 社会的責任投資(SRI)トップニュース 2005年 »

2006/01/26

中国の大気汚染が日本を襲う?! 2

年率8%超の経済成長を続け、2008年の北京五輪や2010年の上海万博を控えて、活気付く中国経済。華やかな話題が続く一方で、大気汚染を始めとする環境問題も出始めている。これは中国だけの問題ではない。汚染物質は大気の流れによって、日本やアメリカ、ヨーロッパへと広められる可能性がある。つまり、地球規模で考えるべき問題なのだ。前編では大気汚染のメカニズムや、中国の現状などについて東京大学先端科学技術研究センター地球大気環境科学分野近藤研究室の近藤豊教授と、竹川暢之助教授に話を聞いた。今回の後編では、今後取り組むべき課題などについてリポートする。

◆地球温暖化物質は二酸化炭素だけじゃない

http://nikkeibp.jp/sj2005/interview/45/index.html

◆自ら環境問題を考えるための情報開示は必須!

http://nikkeibp.jp/sj2005/interview/45/02.html

◆継続的に環境問題に取り組む専門機関が必要

http://nikkeibp.jp/sj2005/interview/45/03.html

(日経BP)

|

« 地方交付税交付金を縮減せよ | トップページ | 社会的責任投資(SRI)トップニュース 2005年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/8351544

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の大気汚染が日本を襲う?! 2:

« 地方交付税交付金を縮減せよ | トップページ | 社会的責任投資(SRI)トップニュース 2005年 »