« 日産、育児支援制度を拡充へ | トップページ | 刑法犯少年の再犯者率、4年連続上昇 »

2006/02/16

「環境に優しい漁業」国際認証へ

日本海の冬の味覚を代表するズワイガニの乱獲防止のため、30年近くにわたり資源管理に取り組んでいる京都府機船底曳網漁業連合会(底連、京都府舞鶴市)が、“環境に優しいシーフード”に与えられる国際的な認証の予備審査を16日までに通過した。対象はズワイガニとアカガレイで、本審査を経て、今年秋にも認証を受ける。

国際機関、海洋管理評議会(MSC)が、環境や資源保護に配慮した水産物を審査、認証する制度。MSC関係者などによると、本認証を受けた後、早ければ年内にもアジア初の認証シーフードとして市場に登場する。

底連は、底引き網漁をしているほかの水産物も認証取得を目指す意向で、水産物の大消費国、日本でのMSC認証は世界的にも注目されそうだ。

底連は1975年ごろから、禁漁区の設定や漁期の制限、小さいものは漁獲しないサイズ規制など、ズワイガニの厳しい資源管理をしてきた。商品には緑色のタグを付け、他のズワイガニと区別している。

〔共同 2/16〕

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 日産、育児支援制度を拡充へ | トップページ | 刑法犯少年の再犯者率、4年連続上昇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/8691167

この記事へのトラックバック一覧です: 「環境に優しい漁業」国際認証へ:

« 日産、育児支援制度を拡充へ | トップページ | 刑法犯少年の再犯者率、4年連続上昇 »