« アムール川汚染、北海道が国に調査を要請 | トップページ | 温室効果:1億年前の大西洋、熱めのお風呂なみ? »

2006/02/18

グリーンランドの氷河、流出量が十年で約2.5倍に

グリーンランドを覆う氷河の年間の流出量が10年で約2.5倍になったと、米航空宇宙局(NASA)などのグループが17日付の米科学誌サイエンスに発表した。この傾向が続くと、温暖化による地球全体の海面上昇にも大きな影響を与えると警告している。

地球温暖化の影響を調べるため、グループは人工衛星から撮ったデータをもとに、96~05年にグリーンランドの氷河が移動した速度を調べた。推定した移動速度と氷の厚さから、大西洋へ流れ出た氷の量は96年の年間50立方キロから、05年には150立方キロに増えたと計算した。降雪の影響も考えると、流出量は、96年の91立方キロから05年の224立方キロに増えたと推定された。

05年の地球の海面上昇は3ミリで、うち0.5ミリにグリーンランドの氷が関与していると推定された。

阿部彩子・東京大学気候システム研究センター助教授は、「氷河の移動の実態は不明な点も多い。氷河の流出がこのまま増え続けるのか、長期的な監視が必要」と話している。

(朝日 2/18)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« アムール川汚染、北海道が国に調査を要請 | トップページ | 温室効果:1億年前の大西洋、熱めのお風呂なみ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/8718242

この記事へのトラックバック一覧です: グリーンランドの氷河、流出量が十年で約2.5倍に:

« アムール川汚染、北海道が国に調査を要請 | トップページ | 温室効果:1億年前の大西洋、熱めのお風呂なみ? »