« 政府税調 「金持ち優遇」税制支持 | トップページ | グリーンランドの氷河、流出量が十年で約2.5倍に »

2006/02/18

アムール川汚染、北海道が国に調査を要請

昨年11月の中国東北部の化学工場爆発で、有害物質が下流のアムール川まで流れ出した汚染で、北海道は16日、環境省に対し、氷が解け出す春以降にオホーツク海や日本海沿岸で汚染調査をするよう要請した。

道によると、このほか、週明けに外務省、水産庁、海上保安庁にも要請。沿岸での調査とともに海外での汚染関連情報収集と提供も求める。

アムール川の汚染を巡っては、今月7日にサハリンで開かれたロシア側と道の定例会議で、道の要請を受けて、既に汚染物質が到達した沿岸のハバロフスク州側から成分や濃度に関するデータ提供があった。下流ほど汚染物質の検出濃度は下がっていたものの、有害な殺虫剤の成分や重金属なども検出され、サハリンや北海道沿岸に汚染物質が到達する可能性も指摘されたという。

(朝日 2/18)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 政府税調 「金持ち優遇」税制支持 | トップページ | グリーンランドの氷河、流出量が十年で約2.5倍に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/8717574

この記事へのトラックバック一覧です: アムール川汚染、北海道が国に調査を要請:

» 20060217 アムール川・日本海・オホーツク海の汚染問題 [田 原 書 店]
20051206 松花江・アムール川・日本海オホーツク海の汚染問題 続報 ― ア [続きを読む]

受信: 2006/02/18 15:48

« 政府税調 「金持ち優遇」税制支持 | トップページ | グリーンランドの氷河、流出量が十年で約2.5倍に »