« 三井住友銀、途上国の金融機関の資金調達を支援 | トップページ | 日産、育児支援制度を拡充へ »

2006/02/16

清水建、温暖化ガス排出権を販売

清水建設は工場やオフィスビルを建てる顧客企業を相手に、二酸化炭素(CO2)など温暖化ガスの排出量を減らしたとみなされる「排出権」を販売するビジネスを始める。海外で温暖化ガスを減らす事業に参加して排出権を取得し、この権利を渡す計画。販売は2008年度から。新設した工場やオフィスでCO2排出が増えるため、排出権の需要が出てくると見込む。CO2削減が新たなビジネス形態を生むことになる。

温暖化ガスの排出権に絡む事業を加速するため、今月中に野村哲也社長直轄の専門組織を立ち上げる。人員は約10人。排出権の新事業は、市場での価格(現在の欧州市場はCO2、1トン=3000円強)を参考に決める。ビルや工場を買う企業に割安に排出権を販売し、顧客開拓の材料に使う。

(日経 2/16)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 三井住友銀、途上国の金融機関の資金調達を支援 | トップページ | 日産、育児支援制度を拡充へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/8691111

この記事へのトラックバック一覧です: 清水建、温暖化ガス排出権を販売:

« 三井住友銀、途上国の金融機関の資金調達を支援 | トップページ | 日産、育児支援制度を拡充へ »