« みずほFGがCSRレポートを発行 | トップページ | グリーンランドの氷河、大西洋への流出5年で倍増 »

2006/02/17

政府の買い取り、今夏に始動・温暖化ガス排出権

政府は今夏にも企業が発展途上国の温暖化ガス削減事業に協力して獲得するガスの「排出権」の買い取りを始める。温暖化ガスの削減を義務づける京都議定書の発効から16日で1年が経過したが、国内の排出量はなかなか減らず、目標達成が危ぶまれている。政府は排出権を購入し、日本の温暖化ガスの削減量に加算する。企業の排出権獲得を後押しする狙いもある。

小池百合子環境相は同日都内で開いた議定書発効一周年の記念行事で、「わたしたちの子孫が安心して暮らすには、温暖化ガスの大幅な削減が必要。議定書はその一歩でしかない」と語った。

(日経 2/17)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆コラム:「環境と金融」HP開設5周年を迎えて

|

« みずほFGがCSRレポートを発行 | トップページ | グリーンランドの氷河、大西洋への流出5年で倍増 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/8701832

この記事へのトラックバック一覧です: 政府の買い取り、今夏に始動・温暖化ガス排出権:

« みずほFGがCSRレポートを発行 | トップページ | グリーンランドの氷河、大西洋への流出5年で倍増 »