« グリーンランドの氷河、流出量が十年で約2.5倍に | トップページ | 鳥インフルエンザ:仏で初確認か 欧州、アフリカに拡大 »

2006/02/18

温室効果:1億年前の大西洋、熱めのお風呂なみ?

大西洋の熱帯海域の表面温度が、8400万~1億年前には最高で熱めのお風呂なみの42度に達していたとの推定を米ウッズ・ホール海洋学研究所(マサチューセッツ州)の研究者グループが17日発表した。

高温化の要因の一つは現在の約3.4~6倍あった大気中の二酸化炭素(CO2)濃度という。今回の推定に基づけば、現在の地球温暖化予測モデルはCO2の温室効果を過小評価しており、温暖化が予想より急激に進行する可能性もあるとしている。

同研究所のカレン・バイス研究員らは、南米スリナム沖の海底から03年に採取した堆積(たいせき)物に含まれる有機物や微生物の化石の化学組成を分析。同海域の当時の表面温度は33~42度(現在24~28度)で、大気中のCO2濃度は1.3~2.3%(同0.38%)だったと推定した。

バイス研究員は「推定値が正しいとすれば、現モデルは、CO2濃度が1%以上増加した場合の温室効果を過小に見積もっている可能性がある」と指摘している。

(毎日 2/18)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« グリーンランドの氷河、流出量が十年で約2.5倍に | トップページ | 鳥インフルエンザ:仏で初確認か 欧州、アフリカに拡大 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/8718262

この記事へのトラックバック一覧です: 温室効果:1億年前の大西洋、熱めのお風呂なみ?:

« グリーンランドの氷河、流出量が十年で約2.5倍に | トップページ | 鳥インフルエンザ:仏で初確認か 欧州、アフリカに拡大 »