« UNEP ココア、生ゴムなど木材以外の林産物に 貧困撲滅への期待 | トップページ | UNEP 「地球環境概況(GEO)2006」を発行 »

2006/03/21

2006年世界環境デーは「砂漠と砂漠化」がテーマに

2006年の世界環境デー式典がアルジェリアで開催されることが決まった。世界環境デーは毎年6月5日に開催され、世界規模で環境問題の普及啓発を促進し、政治的関心や活動を拡大する重要な手段の1つである。北アフリカでの開催は初めて。
 
国連総会で、2006年を「国際砂漠・砂漠化年」とすることが決まったことを受け、今年の世界環境デーのテーマは「砂漠と砂漠化」となった。
 
現在、地球上の40%以上が乾燥地となり、世界人口の3分の1にあたる約20億人がそこに居住している。砂漠化は、人為的な要因と気候変動によって引き起こされ、生物学的な生産力を低下させる。さらに、莫大な社会的経済的費用がかかる。
 
UNEPのテプファー事務局長は、「土地は水と空気の次に大事な生存の基盤である。しかし、いったん土壌が失われると、自然がそれを再生するのに数千年かかる。人為的な土壌の劣化は、今やすべての大陸で起こっており、緊急に取り組む必要がある」と指摘し、砂漠化について話し合う場として、北アフリカに焦点が当てられるのは望ましいことだと述べた。

【UNEP】

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« UNEP ココア、生ゴムなど木材以外の林産物に 貧困撲滅への期待 | トップページ | UNEP 「地球環境概況(GEO)2006」を発行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/9193452

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年世界環境デーは「砂漠と砂漠化」がテーマに:

« UNEP ココア、生ゴムなど木材以外の林産物に 貧困撲滅への期待 | トップページ | UNEP 「地球環境概況(GEO)2006」を発行 »