« 中国、環境汚染事故の多発期に突入、2カ月半で45件 | トップページ | 足でたどる空襲の記憶 慰霊碑などの紹介本 増刷へ »

2006/03/10

中国東北地域、水質汚染が深刻、将来の水不足懸念

中国工程院がこのほど発布した「中国東北地域における水・土資源の配置、生態・環境保護および継続的な発展に関する戦略問題」に関する研究報告によると、同地域では水質汚染が最大の環境問題となっており、これについて改善策を講じなければ、近い将来深刻な水不足状態に陥ることが懸念されるという。

同地域の歴史形成には重化学工業を主とする産業構造がかかわっており、これに加え都市環境保護関連のインフラが手薄で自然環境が脆弱であるため、汚染物質の排出量が環境の自浄能力を大幅に上回り、当地の主要河川である松花江と遼河の支流、一部の湖およびダムにおいては水質汚染が深刻だという。

専門家は改善策として、遼寧、吉林、黒竜江三省の各大都市と石油化学、冶金、製紙、醸造および医薬などの業種を重点対象とした水質汚染防止を行っていくべきだと提唱している。

(日中グローバル経済通信)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 中国、環境汚染事故の多発期に突入、2カ月半で45件 | トップページ | 足でたどる空襲の記憶 慰霊碑などの紹介本 増刷へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/9024264

この記事へのトラックバック一覧です: 中国東北地域、水質汚染が深刻、将来の水不足懸念:

« 中国、環境汚染事故の多発期に突入、2カ月半で45件 | トップページ | 足でたどる空襲の記憶 慰霊碑などの紹介本 増刷へ »