« 悪化続く生物の暮らし・国連が報告書案 | トップページ | 基準クリア4割弱、病院耐震化を支援 厚労省が補助制度 »

2006/03/06

ダイオキシン基準240倍、豊島五丁目団地対策地域に

東京都北区の豊島五丁目団地(約5000戸)の土壌から、国の環境基準の最大240倍ものダイオキシン類が検出された問題で、都は6日、同団地の一部の約1・4ヘクタールをダイオキシン類対策特別措置法に基づく対策地域に指定した。

地域指定は全国で4件目で、対象面積は最大。都は国や区の意見を聞きながら、汚染土壌の除去や覆土といった対策を決める。

地域指定されたのは、同団地約18ヘクタールのうち、区立豊島東保育園園庭、区立東豊島公園、旧区立豊島東小学校の3か所。地域指定を受けると、国の補助金を活用でき、原因者に対策費用を請求できる。

同団地は化学工場の跡地で、1969年に日本住宅公団(現・都市再生機構)が取得し、団地を造成した。2004年末に団地周辺の汚染が判明し、地域指定されたエリアは既に立ち入り禁止になっている。

(日経 3/6)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 悪化続く生物の暮らし・国連が報告書案 | トップページ | 基準クリア4割弱、病院耐震化を支援 厚労省が補助制度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/8974773

この記事へのトラックバック一覧です: ダイオキシン基準240倍、豊島五丁目団地対策地域に:

« 悪化続く生物の暮らし・国連が報告書案 | トップページ | 基準クリア4割弱、病院耐震化を支援 厚労省が補助制度 »