« 2006年世界環境デーは「砂漠と砂漠化」がテーマに | トップページ | 循環型社会に戦争はいらない »

2006/03/21

UNEP 「地球環境概況(GEO)2006」を発行

UNEPは、「地球環境概況(GEO)2006」を発行した。同報告書は、変わり行く地球環境の状況を調査した年次報告書である。
 
GEO 2006では、特集として、「エネルギーと大気汚染」に重点が置かれた。同報告書によると、大気汚染問題に取組む都市は、大気汚染を原因とする早期死の減少、医療費の抑制など経済的なメリットを得ている。例えば、アメリカのEPAの試算によると、大気浄化法は1990年から2010年の間に6900億ドル(約76兆円)の経済的効果をもたらすとされる。
 
また、エネルギー問題については、今後、途上国からのエネルギー需要が増大することを指摘。発電所におけるコージェネレーションの導入、再生可能エネルギー、新しい自動車技術の開発などに期待を示した。
 
この他、GEO 2006は、人類の活動が地球環境に与えている影響、また、環境対策が講じられている分野での成果なども示している。
 
顕在化しつつある課題としては、気候変動が食糧生産に及ぼす課題、魚介類の養殖が海洋環境にもたらす影響という2つの問題が取り上げられた。

【UNEP】

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 2006年世界環境デーは「砂漠と砂漠化」がテーマに | トップページ | 循環型社会に戦争はいらない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/9193496

この記事へのトラックバック一覧です: UNEP 「地球環境概況(GEO)2006」を発行:

« 2006年世界環境デーは「砂漠と砂漠化」がテーマに | トップページ | 循環型社会に戦争はいらない »