« 未来予測レポート2006-2020 | トップページ | マレーシア首相、貧困層解消に重点・初の5カ年計画 »

2006/04/01

トヨタ、ハイブリッド車を全クラスに・2012年までに

トヨタ自動車はガソリンエンジンと電気モーターを併用するハイブリッド車を「クラウン」や「ヴィッツ」など高級車から小型車まで全クラスに導入する。全車種に搭載可能な体制を整え、2012年までにハイブリッド車の世界販売台数を現在の4倍の100万台に増やす。ガソリン車との価格差も20万円台に抑え、新車販売に占めるハイブリッド車の比率を10%に高める。消費者の選択肢を広げ、ディーゼルなど他の環境対応車に比べた優位性を確実にする。

数年に1度の車の全面改良時に車台(プラットホーム)をハイブリッドシステムが搭載できるタイプに刷新し、08年に「クラウン」、10年以降に「ヴィッツ」にハイブリッド車を順次導入する。すべての車台を刷新することで全車種にハイブリッド車を導入できるようになる。販売台数の少ない車種への導入は市場動向をみて判断する。

(日経 4/1)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 未来予測レポート2006-2020 | トップページ | マレーシア首相、貧困層解消に重点・初の5カ年計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/9370347

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ、ハイブリッド車を全クラスに・2012年までに :

« 未来予測レポート2006-2020 | トップページ | マレーシア首相、貧困層解消に重点・初の5カ年計画 »