« メキシコ、麻薬所持を「合法化」 | トップページ | 「戦争に巻き込まれる」不安、世論調査で45%が指摘 »

2006/04/30

スリランカで排出権を取得、三菱商事など33社出資の基金

三菱商事、新日本石油、トヨタ自動車など国内33社が出資する日本温暖化ガス削減基金(JGRF)はスリランカでの温暖化ガス削減事業を通じ2件の排出権を取得する。スリランカで排出権を得るのは日本企業で初めて。同基金はこれまでの中国、インド、ブラジル、南アフリカなどに加え、スリランカでの取得を機に調達先の拡大に弾みを付ける。

途上国で温暖化ガス削減に協力する見返りに排出権を得られる京都議定書の仕組みを活用し、2012年までに二酸化炭素(CO2)換算で2件合計で約60万トンの排出権を取得する。排出権は出資企業に配分する。

(日経 4/30)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« メキシコ、麻薬所持を「合法化」 | トップページ | 「戦争に巻き込まれる」不安、世論調査で45%が指摘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/9825544

この記事へのトラックバック一覧です: スリランカで排出権を取得、三菱商事など33社出資の基金:

« メキシコ、麻薬所持を「合法化」 | トップページ | 「戦争に巻き込まれる」不安、世論調査で45%が指摘 »