« 環境保護へ電話大作戦 300万世帯にメッセージ | トップページ | 0―3歳に乳幼児手当 »

2006/04/30

格差社会からの脱却訴え 連合系メーデー、30都県で

連合系の第77回メーデーが29日、30都県の中央会場で開かれ、主催者推計で約21万人が参加した。テーマは「格差」の是正と「安心・安全」。

曇り空の東京・代々木公園の中央大会には、主催者発表で約4万4000人(警察発表で約2万2700人)の組合員や家族らが集まった。高木剛会長はあいさつで「格差拡大は低所得者層を固定化させ、生活保護世帯の急増を招き、将来への不安を高めている。連合は格差社会からの脱却のため知恵を絞り、できることから実行していく」と述べた。

来賓として出席した民主党の小沢一郎代表は「小泉政権の5年間は格差社会を生み出した。民主党は本当にまじめに働く人が報われる公正な社会をつくる」と呼び掛けた。会場からは拍手がわき起こり「頑張れー」と声援も飛んだ。

(西日本 4/30)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 環境保護へ電話大作戦 300万世帯にメッセージ | トップページ | 0―3歳に乳幼児手当 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/9825776

この記事へのトラックバック一覧です: 格差社会からの脱却訴え 連合系メーデー、30都県で:

« 環境保護へ電話大作戦 300万世帯にメッセージ | トップページ | 0―3歳に乳幼児手当 »