« ディーゼル排ガス:子宮内膜症に悪影響 | トップページ | 三菱UFJ投信がCSR推進室を設立 »

2006/04/12

排水汚染に激怒、中国福建省で住民が工場襲撃

12日付の香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストによると、中国福建省泉州市で8日夜、工場排水による汚染に不満を募らせた住民約200人が皮革工場や韓国系プラスチック工場など4施設を鉄パイプなどで襲撃、住民と工場従業員双方に複数の負傷者が出た。

住民は、工場敷地内にある事務所や社宅、食料品店などのガラスやエアコンなどをたたき壊し、金目の物を奪ったという。

警察が現場に出動したが事態を見守るだけで、地元警察幹部は同紙に「激しい襲撃で、我々は何も手出しできず、一人も拘束できなかった」と述べた。

工場周辺では、排水による悪臭や農作物・生活用水の汚染などが数年前から問題になっていたという。

(日経 4/12)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« ディーゼル排ガス:子宮内膜症に悪影響 | トップページ | 三菱UFJ投信がCSR推進室を設立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/9555492

この記事へのトラックバック一覧です: 排水汚染に激怒、中国福建省で住民が工場襲撃:

« ディーゼル排ガス:子宮内膜症に悪影響 | トップページ | 三菱UFJ投信がCSR推進室を設立 »