« 東京都、子ども守る活動のマニュアル作成 | トップページ | 医療事故、病院の「問題なし」覆す・第三者機関が初検証 »

2006/04/06

太平洋の海水、じわじわと酸性化

広大な太平洋の海水がじわじわと酸性化していることが、米海洋大気局(NOAA)と全米科学財団(NSF)による観測で明らかになった。

観測を率いる同局のリチャード・フィーリー博士は「大気中に増えた二酸化炭素を、海が吸収した結果」とみている。

同博士らは、今年2~3月、南半球のタヒチから米アラスカまで航海し、広範囲の海水を採取した。

分析の結果、アルカリ度の指標となる水素イオン指数(pH)は、約15年前の観測値より平均約0・025低下し、酸性化を示した。また、二酸化炭素などの形で溶け込んでいる無機炭素量は、海表面の水1キロ・グラムあたり15マイクロ・モル(モルは分子数の単位)増えていた。同博士は「どちらも劇的な変化」としている。

研究者らは、酸性化によって一部の生物の外骨格からカルシウムが溶け出すなど、生態系への影響を懸念している。

(読売 4/6)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 東京都、子ども守る活動のマニュアル作成 | トップページ | 医療事故、病院の「問題なし」覆す・第三者機関が初検証 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/9464922

この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋の海水、じわじわと酸性化:

» 太平洋の海水は大丈夫か。 [240CSR研究所]
米海洋大気局(NOAA)と全米科学財団(NSF)の観測によると 太平洋の海水は、じわじわと酸性に変化してきているようだ。 分析の結果、アルカリ度の指標となる水素イオン指数(pH)は、 約15年前の観測値より平均約0・025低下し、酸性化を示した。 また、二酸化炭素などの形で溶け込んでいる無機炭素量は、 海表面の水1キロ・グラムあたり15マイクロ・モル(モルは分子数の単位)増えていた。 同博士は「どちらも劇的な変化」としている。 気になるデータです。 研究者によると、酸性化によって一部の生物の身体か... [続きを読む]

受信: 2006/04/07 12:39

« 東京都、子ども守る活動のマニュアル作成 | トップページ | 医療事故、病院の「問題なし」覆す・第三者機関が初検証 »