« ユニセフ:東京でエイズシンポ開く | トップページ | 自然エネルギーが変える地球の未来 »

2006/05/25

三井物産環境基金セミナー ~環境と経済~

掲題(以下)のセミナーを受講してきた。

プログラム  *敬称略
●13:30~13:35
主催者挨拶
三井物産(株)代表取締役専務執行役員・三井物産環境基金評議委員長
横手 康紀   
「経済発展と食糧・エネルギー・環境問題~経済の視点から~」
(株)三井物産戦略研究所 所長
寺島 実郎    
「経済発展と食糧・エネルギー・環境問題 ~地球環境の視点から~」      
米国アースポリシー研究所 所長
レスター・ブラウン 氏  *同時通訳
「レスター・ブラウン氏への質疑応答」   
レスター・ブラウン 氏  *同時通訳

寺島実郎氏の講演は、配布資料「世界潮流と日本の進路を考える基本資料」に基づいてのものだったが、ここ数年の世界経済の状況がいかに異常なものであるかをわかりやすく鋭く指摘するもので、ことの重大さを考えると気が重くなるほどのものだったが、現実を直視する上で非常に勉強になった。

レスター・ブラウン氏の講演は、あくまでも冷徹に現在の世界が直面する地球環境の問題点を指摘し、それらの問題にどう立ち向かっていくべきかという対応策までを具体的に提示したもので、非常に勇気づけられ、環境マインドを改めて高められるものだった。6月には新著「Plan B 2.0」が日本で発売になるそうで、ぜひ買って読みたいと思う。

フード・セキュリティー

配布資料として三井物産のCSRレポートが配られたが、なかなか真摯な取り組みをされているのがよくわかる資料である。SIF-Jでお会いする後藤敏彦さん、河口真理子さん、他には、インテグレックスの秋山をねさん、麗澤大学の高巌教授、ニッセイ基礎研の川村雅彦氏らが登場している。

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆コラム:「環境と金融」HP開設5周年を迎えて

|

« ユニセフ:東京でエイズシンポ開く | トップページ | 自然エネルギーが変える地球の未来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/10228282

この記事へのトラックバック一覧です: 三井物産環境基金セミナー ~環境と経済~:

« ユニセフ:東京でエイズシンポ開く | トップページ | 自然エネルギーが変える地球の未来 »