« 企業統治、米シティの苦闘に学ぶ | トップページ | 中小向け金利優遇、3メガ銀、環境融資競う »

2006/05/17

東北電、中国プロジェクトより温暖化ガス排出権購入

東北電力は16日、日揮など日本企業3社が中国で実施する世界最大級の温暖化ガス削減事業より排出権を購入すると発表した。購入量は二酸化炭素(CO2)換算で、08年からの5年間で計400万トンと同社として過去最大。1年あたり年間排出量の2%程度になる。基盤技術の開発にも関与したことから大量購入を決めた。

途上国で温暖化ガス削減に協力し、削減量を排出権として獲得できる京都議定書の「クリーン開発メカニズム(CDM)」に基づく事業。日揮、丸紅、中堅ゼネコン(総合建設会社)の大旺建設(高知市)が設立したJMD温暖化ガス削減(東京・千代田)より、数十億円で購入する。

(日経 5/17)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆コラム:「環境と金融」HP開設5周年を迎えて

|

« 企業統治、米シティの苦闘に学ぶ | トップページ | 中小向け金利優遇、3メガ銀、環境融資競う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/10111104

この記事へのトラックバック一覧です: 東北電、中国プロジェクトより温暖化ガス排出権購入 :

« 企業統治、米シティの苦闘に学ぶ | トップページ | 中小向け金利優遇、3メガ銀、環境融資競う »