« 韓国、少子化止まらず | トップページ | CO2削減へのグローバルな仕組みづくり »

2006/05/08

黄砂、花粉症悪化の原因にも?

中国大陸から飛来する黄砂が、花粉症を悪化させる原因となっている可能性が出てきた。春になるとやってくる「嫌われ者」の黄砂に、また一つやっかいな面が浮かび上がった。

大分県立看護科学大の市瀬孝道教授(生体反応学)らは、黄砂の粒子とアレルギー抗原が一緒だと、相乗効果で症状が悪化するとみて、調べた。「黄砂で花粉症がひどくなる、という人がいたのがきっかけでした」

アレルギー抗原として、卵のたんぱく質0.1ミリグラムと、その抗原に中国の黄砂発生地などで集めた砂ぼこり50~100マイクログラムを混ぜたものを、モルモットの鼻に垂らした。1週間ごとに約1カ月、この実験を続けると、砂を混ぜた方が鼻づまりや鼻汁が増え、炎症を起こす好酸球が鼻の組織で増えていた。

アレルギー悪化の仕組みは完全には判明していないが、黄砂に含まれる二酸化ケイ素が炎症を起こすほか、黄砂にくっついた細菌やカビなどの毒素が影響する可能性もあるという。韓国の研究では、黄砂の時期に目や呼吸器の疾患が増えることも確認されている。

黄砂は、日本では2月ごろから増える。東京都心では4月、6年ぶりに黄砂が観測された。年間1平方キロあたり1~5トン降るとの推定がある。気象庁は04年から黄砂予報を始め、今や紫外線やスギ花粉なみに、天候以外のお天気情報の一つとなった。

(朝日 5/8)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 韓国、少子化止まらず | トップページ | CO2削減へのグローバルな仕組みづくり »

コメント

小生も最近くしゃみがよくでるのでそのように思います。

投稿: 星の王子様 | 2006/05/09 04:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/9964182

この記事へのトラックバック一覧です: 黄砂、花粉症悪化の原因にも? :

« 韓国、少子化止まらず | トップページ | CO2削減へのグローバルな仕組みづくり »