« CSD第14回会合が開催へ | トップページ | EPA・ジョンソン長官 中国を訪問 »

2006/05/11

世界銀行・IMF 地球規模での低炭素経済への移行には 年間100億~1000億ドルが必要

世界銀行とIMFは、4月23日に開催された合同会合において、報告書「クリーンエネルギーと開発:投資の枠組みに向けて」を公表した。
 
報告書では、地球規模で低炭素経済に移行するためには、年間100億~1000億ドルが必要とされ、この金額は、温室効果ガスの安定化の目標、安定化までの道筋および各国の発展の状況によって変わるとされた。
 
また、途上国が気候変動に適応するためのコストは、年間100億~400億ドルと推定され、このうち、3分の1は公的資金を伴うという。

【世界銀行】

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« CSD第14回会合が開催へ | トップページ | EPA・ジョンソン長官 中国を訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/10022948

この記事へのトラックバック一覧です: 世界銀行・IMF 地球規模での低炭素経済への移行には 年間100億~1000億ドルが必要:

« CSD第14回会合が開催へ | トップページ | EPA・ジョンソン長官 中国を訪問 »