« 三井物産環境基金セミナー ~環境と経済~ | トップページ | 「脱温暖化社会」を探る―7月、京都で環境経済国際学会 »

2006/05/25

自然エネルギーが変える地球の未来

大手町カフェで開催された下記のセミナーを受講してきた。

環境セミナー「地球大学」第6回
地球温暖化シリーズ3
「Beyond Petroleum!~ポスト石油時代のエネルギービジョン~」

英国系石油メジャーBP社の社名変更“「British Petroleum」から「Beyond Petroleum」へ”に象徴されるポスト石油時代の到来。

単にクリーンでCO2を排出しないだけでなく、多様なかたちで遍在する無尽蔵の自然エネルギーは、これまで中東など特定の地域に局在する稀少な化石燃料に依存していた世界の政治構造まで変える可能性があります。利用が急速に拡大しつつある風力や太陽光発電に加え、今回は佐賀大・上原春男氏を中心に日本が先駆的に開発・実用化して注目される「海洋温度差発電」にも光を当てます。地球大の構想力で、21世紀のエネルギーのあり方、社会システムの脱炭素化の可能性について考えます。

http://www.o-cafe.com/event/2006/05/524.html

気分が重苦しくなることが多い環境問題のセミナーでありながら、非常に気分が明るくなる内容だった。

佐賀大学の池上助教授の紹介されたOTECの可能性には大変魅力を感じたが、日本よりもアラブやインドの方が取り組みに積極的だという話を聞いて、日本の政府・経産省の認識が足りないのか、法規制が多すぎるのか、いずれにせよ日本発の技術でありながら、他国に大きく後れを取る可能性が大きいという話に歯がゆい思いがした。

◆佐賀大学 海洋エネルギー研究センター(IOES)

http://www.ioes.saga-u.ac.jp/index_j.html

また、ビジネスとして技術の普及に取り組んでいる株式会社ゼネシス社についても広く認知されるようになって欲しいと思った。三井物産など商社との協働が進むことを期待する。

http://www.xenesys.com/japanese/index.html

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆コラム:「環境と金融」HP開設5周年を迎えて

|

« 三井物産環境基金セミナー ~環境と経済~ | トップページ | 「脱温暖化社会」を探る―7月、京都で環境経済国際学会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/10228841

この記事へのトラックバック一覧です: 自然エネルギーが変える地球の未来:

« 三井物産環境基金セミナー ~環境と経済~ | トップページ | 「脱温暖化社会」を探る―7月、京都で環境経済国際学会 »