« 赤ちゃんのアレルギー性鼻炎、親の喫煙でリスク3倍 | トップページ | 190か国が気候変動問題の長期協力について対話 »

2006/05/19

中国発:「プロジェクトX」

─日中友好環境保全センター協力がもたらしたもの─

今年(2006年)5月5日でちょうど設立十周年を迎えた日中友好環境保全センター。1996年に日中環境協力のシンボル的存在として日中合同で設立された機関だ。独立行政法人国際協力機構(JICA)による技術協力(ODA)を核として、民間による協力も含めて多くの環境協力が展開されてきた。その内容はまさに環境協力分野での「プロジェクトX」と呼ぶにふさわしい。
 
しかし、10年の歳月を経て日中両国の厳しい政治情勢、中国の飛躍的経済発展等を背景に、現在のODAを中心とした協力からの転進を迫られつつある。
 
今回は、この「プロジェクトX」の成果とこれらの日中間の情勢の変化を踏まえた日中環境協力のあり方について考えてみる。

http://www.eic.or.jp/library/pickup/pu060518.html

☆いい情報/記事/コメントを読めたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 赤ちゃんのアレルギー性鼻炎、親の喫煙でリスク3倍 | トップページ | 190か国が気候変動問題の長期協力について対話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/10142546

この記事へのトラックバック一覧です: 中国発:「プロジェクトX」 :

« 赤ちゃんのアレルギー性鼻炎、親の喫煙でリスク3倍 | トップページ | 190か国が気候変動問題の長期協力について対話 »