« オランダ 中国でのCDM事業にてこ入れ 国際金融公社との協力を拡大へ | トップページ | UNEP・世界銀行 中国、インド、ブラジルでのエネルギー効率化事業が成果 »

2006/06/17

世界環境デー 2006年のテーマは「砂漠と砂漠化」

「世界環境デー」の6月5日、各国ではさまざまなイベントが開催された。今年のテーマは「砂漠と砂漠化」で、「乾燥地を見捨てるな」がスローガン。
 
公式記念式典は、6月4日から5日にかけて、アルジェリアの首都アルジェで行われ、砂漠化に関する報告書の発表、イベントなどが行われた。詳細は以下のとおり。

(1)「地球砂漠概況」報告書の公表:地球環境概況(GEO)シリーズで、初めてのテーマ別報告書。報告書では、地球の表面積の約4分の1にあたる約3370万ヘクタールが砂漠と化しており、そこに、これまで考えられていたよりはるかに多い、5億人以上の人々が生活していることが明らかになった。また、報告書は、気候変動問題、水利用と農業をめぐる課題、砂漠での生物多様性の保護、水産養殖や観光業などの新規産業、砂漠の植物による製薬の可能性等についても指摘している。

(2)「ツーリズムと砂漠-砂漠のレクリエーション部門における社会・環境影響の制御のための実践ガイド」UNEP報告書の公表:砂漠でのツーリズムは、現在、急成長しているが、同報告書は、関係国の持続可能な発展の源として、こうしたツーリズムを促進するために作成された。報告書は、旅行業者、ホテルオーナー、レンタカー会社などが、環境にやさしい、また地元のニーズや文化を尊重した方法でツーリズムを展開するよう強調している。

(3)第15回国連子供環境ポスター原画コンテスト受賞者の発表:100カ国の6歳から14歳の子供達8000人以上から応募があり、優勝者は中国のラウ・ツン・ミン君(9歳)に決まった。
 受賞作品はインターネットで閲覧することができ、また、アルジェリア、日本、ドイツなどで受賞作品の展示会が開催される。

(4)UNEP笹川賞の受賞候補者の発表:環境保護や環境管理に多大な貢献をした団体や個人を表彰するUNEP笹川賞の今年の受賞候補者5名・団体が発表された。6月末のハイレベル審査会で受賞者を決定する。受賞者には20万ドルが贈られる。

【UNEP】

プレスリリース(地球砂漠概況関係)

プレスリリース(ツーリズムと砂漠関係)

プレスリリース(第15回国連子供環境ポスター関係)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆コラム:「環境と金融」HP開設5周年を迎えて

|

« オランダ 中国でのCDM事業にてこ入れ 国際金融公社との協力を拡大へ | トップページ | UNEP・世界銀行 中国、インド、ブラジルでのエネルギー効率化事業が成果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/10567807

この記事へのトラックバック一覧です: 世界環境デー 2006年のテーマは「砂漠と砂漠化」:

« オランダ 中国でのCDM事業にてこ入れ 国際金融公社との協力を拡大へ | トップページ | UNEP・世界銀行 中国、インド、ブラジルでのエネルギー効率化事業が成果 »